1963年に当時の最新素材であったPP(ポリエチレン)を使用し、イギリスの家具メーカーHILLE社が
デザイナーのRobin Dayとともに射出成型で初めて大量生産を成功させ、このROBIN CHAIRが誕生しました。

その後多くの射出成型の椅子が出回り、日常で多く目にすることのあるPP製の椅子ですが、
いつの間にかそのイメージは安っぽいという印象になっていませんか。
本当に木や鉄の椅子には及ばないつまらないものなのでしょうか?

P.F.S.はイギリスの公共の家具やスクールチェアに採用されてきたこのROBIN CHAIRを選びました。
当時最新の素材であったPPを使って、軽く丈夫で手の届きやすい価格で提供したいという願いから生まれた椅子を、2020年代の今だから改めて使ってほしいです。

ROBIN CHAIRは、60年代当時プラスチックの新しい可能性を開いた製品でした。
時代の流れで一度は廃盤となりましたが、現代にもう一度素材と形の原点となるこの椅子を型から起こし復刻され、HILLE社により製造されています。

イギリスで50年以上にわたり、病院の待合室やスタジアムを埋める観客席、 空港やオフィス、公共の場のあちこちで
何千、何万人もの人に利用されてきた椅子のもつ普遍的なデザインは、 日本のシーンにもきっと馴染むはずです。

座面のカラーは4色で、脚の仕上げは2種です。
BLACK(黒)とWHITE(白)はクロームメッキの脚で、
PEAT(ベージュ)とRED(赤)はダークグレーの焼き付け塗装の仕上げの脚を組み合わせています。







BLACK & WHITE商品ページへ
RED & PEAT商品ページへ

収納時も美しくスタッキング可能です
座面はシボ感がありますが、背面はつやがあります

クロームメッキ脚
ダークグレー脚

PEAT
RED
WHITE / L FOOT
BLACK













BLACK & WHITE商品ページへ
RED & PEAT商品ページへ