PACIFIC FURNITURE SERVICE

 

DAZOR 1420 MAGNIFIER TASK LIGHT

1938年に設立された、作業用照明のパイオニア、デイザー社の拡大鏡付きデスクランプ。
両手がふさがっているときでも拡大鏡を使うことができ、細かい作業を行うのに適します。
アメリカではダイヤモンド産業等で利用されています。

開口部の広いリフレクターは、検査作業など様々な用途に見合う豊富な光源をうみだし、特別焼き付け塗装を施されたアルミニウム製のリフレクターは、強い抗酸化力を持ちます。
外装の焼き付け塗装をはじめとする丈夫な構造は、キズや割れ、退色に強く長期の使用に耐えうる、まさに実用品です。

作業時にぶつかっても位置が変わらないよう、角度は蝶ネジ固定式となっています。また取付けはクランプ仕様なので、デスク上を広く使えます。

※20ワットの円形蛍光灯を使用します。
※クランプは厚さ60mmまで対応。

Size:(arm)250+313 (head)φ232x297
Material:Steel






DAZOR社が誕生したのは今から約70年前。当時、バターを作る攪拌機を作っていたというHarry Dazey 氏が、今も変わらずDAZOR製品の大きな特長となっている、指先一つで位置を調整することができる滑らかな動きのフローティングアーム機構を思いつきました。彼はこの機構を利用したライトを製造したいとワシントン大の教授Albert Perbal氏の協力を得、1938年、タスク(作業用)ライトに特化した会社をスタートさせました。

当初DAZOR社のライトは単にテーブルライトとして使用されていましたが、第二次世界大戦の勃発をきっかけとし、省エネで効率がよいという品質面でも着目を集めます。今までの高価なライト類と違う安価で省エネのランプが評価され、急速な成長をおさめました。また、DAZOR社は世界で初めて蛍光灯を使ったタスクライトを製造したメーカーとして歴史に名を遺しています。この、"持ち運び可能なタスクライトに蛍光灯"の技術は1938年のWORLD FAIRにてGE社に紹介され脚光を浴びました。

その後、設計士や医療関係者、ジュエリーデザイナーなどに、今までの白熱球のライトよりはるかに優れた視認性が注目され急速に知名度を上げてゆきました。現在でも、世界中のダイアモンド工業、歯科医、設計士等からの圧倒的な指示を受け、大きなシェアを占めています。

[ DAZOR社商品一覧 ]


← BACK
商品コードRP1420
価格36,180 円(税込)
送料区分配送サイズ: A2送料について
数量+
-
go to OFFICIAL SITE